一次容器

iPS細胞のライブ輸送用に
開発された一次容器
フラスコ-25

培養面積はそのまま、培養液量半減で輸送可能に!

iPS細胞をライブ輸送する場合、波立ちによる細胞の剥離を防ぐため、フラスコに培養液を満量まで満たす必要があります。iP-TEC®フラスコ-25シリーズは、一般的なフラスコと培養面積は変えず、培養液量を半分以下で満量にすることができるため、培養液にかかるコストを大幅にカット!
少ない培養液量で安心輸送を実現します!

独自形状で特許を取得

従来の半分以下の培養液量でフラスコを満量にできることに加え、ピペットやスクレイパーの操作性や、安定したスタッキング性など、当社独自の設計で特許を取得しています。
専用のミニスクレイパーは、持ちやすい半円状の柄としなやかな先端で、容器内の隅々まで行き届くデザインです。

気泡を一切入れないベントキャップタイプが登場!

新タイプのキャップは、気泡を一切入れずに締めることができるので、回転培養・微小重力培養におすすめ!
キャップにメディカルシリコーンゴムの超薄膜部を取り入れており、CO2を透過します。

12ウェルインサートを
安定して安全に輸送
細胞輸送コンテナ#RPE12

シンプルな構造で完全な液封を実現

12ウェルカルチャーインサートを用いた、細胞シートの培養と輸送に最適です。
当社独自の設計による確実な液封で、安定輸送が可能です。

用途に応じて選べる2タイプの容器をラインナップ

容器底面は、閉鎖(気密)タイプと、ベント(ガス交換)タイプをの2種類から、用途別に最適な容器を選択いただけます。

24ウェルインサートを
安定して安全に輸送
細胞輸送4連
コンテナ #24

バラバラの本体を1セットに!作業効率が大幅に向上

キャップは4連タイプで、装着することでバラバラの本体が1セットに!輸送だけでなく、細胞を使って薬効を確認するときなどにも、効率よく作業が行えます。
専用ラックで容器を安定させれば、さらに効率アップ!

二次容器との組み合わせで大量輸送も

iP-TEC®二次容器には、最大で24個のコンテナを収納可能!網状クッションを使用することで、安定性を維持した状態で輸送できます。 ※写真は網状クッションを省略した状態

シート状や立体構造の細胞、
生体組織を安定して安全に輸送
細胞シート輸送コンテナ

特殊設計のキャップで気泡ゼロを実現

キャップには、培養液との接触面にメディカルシリコーンゴムを採用しています。気泡を一切入れずに培養液で容器を満たし、収容サンプルをやさしく挟持。振動や揺れから細胞を守ります。

キャリア材との組み合わせで、細胞シートの移動を容易に

細胞シート用キャリア材「ATTRAN(アトラン)」は、細胞シートの凍結、融解、乾燥、膨潤等の環境変化にも順応。従来のキャリア材に比べ細胞との密着性や剥離性に優れているため、細胞シートの移動が容易になります。

使用中のディッシュや
ウェルプレートで
ライブ輸送を実現!
開放系容器ライブ輸送デバイス

細胞毒性のないメディカルシリコーンラバーを使用

ディッシュやウェルプレートのカバーには、粘着剤を使用していないメディカルシリコーンラバーを採用。培養液が触れても安心です。
また、柔らかい素材でスムースな開封ができるので、コンタミネーションを回避できます。

特殊構造のカバーで液封OK、CO2透過OK!

カバーは通気に必要な極薄部と、容器開口部をシールする肉厚部で構成。超低硬度で容器の開口部に吸い付くようにシールするため液漏れの心配がありません。
※押さえ板、網状クッション、二次容器と組み合わせてご使用ください。

細胞への負荷を最小限に目的地まで安心ライブ輸送

カバーは輸送時の培養液を削減し、波打ちさせにくい形状で輸送する細胞や生体組織を守ります。 また、気密性、剛性に優れた二次容器に収納することで、さらに安定性を維持した輸送が可能です。

二次容器

ライブ輸送専用に開発した
独自設計で
高い輸送性能を発揮
iP-TEC®二次容器

容器内を二酸化炭素濃度約5%に維持

気密性に優れたポリカーボネート性容器です。カルチャーパル®CO2等を使用することで、容器内の二酸化炭素濃度を約5%に維持したまま輸送が可能です。

出し入れや保管がしやすい形状

一次容器収納面を浅底設計にすることで、プレートやディッシュなどの出し入れがスムーズに行えます。また、スタッキングが可能なため、積み重ねての保管時も安心です。

細胞輸送専用の網状クッションで安定度アップ 

一次容器と二次容器のフタの間に、専用の網状クッションを挟むことで、一次容器をさらに安定して固定することができます。 網状構造のクッションで、高いガス透過性、クッション性、ホールド性を発揮し、細胞輸送に適した形状となっています。

ラインナップ

フラスコを安定保持!
すっきり納める中間容器
ライブ輸送用
二次容器

iP-TEC®フラスコ-25専用二次容器

二次容器本体、専用トレー、吸液シートから構成されています。iP-TEC®フラスコ-25の形状に合わせた専用トレーは、2段に重ねて本体に収納できるため、最大で6個のフラスコを輸送可能! 本体、専用トレーはポロプロピレン製でオートクレーブに対応しています。

三次容器

大容量の場合や運送便での遠距離
・寒冷地への輸送に
プレミア
BOX-V19

高性能な断熱性で過酷な環境下での輸送を実現

特殊なR曲技術で真空断熱材の切れ目をなくし、本体と蓋の真空断熱材を密着。 さらに、発泡ウレタンを注入することで断熱効果を最大限に引き出しました。

軽量・コンパクトタイプで
持ち運びの輸送に便利
プレミア
BOX-V8.5

定温輸送BOXの最上位グレードに近距離輸送向け三次容器が登場!

圧倒的な温度保持能力を持つハイグレード定温輸送BOXの軽量・コンパクトタイプ。遠距離、寒冷地だけでなく、機動性の向上により、近距離輸送時にも使いやすくなりました。

持ち運びに便利なショルダーベルト付き

両サイドのハンドルのほかに、長さ調整可能なショルダーベルトが付いているので、近距離の移動や持ち運び時の負担を軽減します。

ラインナップ

超コンパクト設計、高性能
・真空断熱材入輸送BOX
プレミア
BOX-mini6.6

BOXを開けずにロガーを確認

中蓋にロガー収納スペースを2か所設置。外蓋は、ロガー収納スペースに合わせて透明窓となっているため、BOXの外からでもロガーを目視できます。

運送便輸送での利便性が向上

外蓋の上面には、送り状サイズの透明収納ポケットや、市販の結束ベルトや南京錠でロックできる通し穴が付いており、運送便利用時に役立ちます。

TSAロックライセンス取得

TSAロックは、検査員の破壊検査を受けるリスクが軽減されます。世界30カ国、650以上の空港でそのシステムが採用されています。
サンプラテックでは、そのライセンスを取得しているため、カスタマイズにて仕様変更が可能です。

ラインナップ

近距離・中距離の
輸送コストを削減
スタンダード
BOX-X13

発泡スチロールと段ボールの組み合わせで低コスト化を実現!

コストパフォーマンスに優れた発泡スチロール製三次容器。
断熱性に優れたXPSの発泡スチロールで一日以上の培養温度保持が可能なため、近・中距離の輸送を低コストで行えます。
ご要望に合わせて、サイズ変更などカスタマイズも承ります。

近距離・短時間の
ライブ輸送に新提案
トートBOX-6.6

持ち運びに最適なニュータイプの三次容器

研究者自らが輸送する場合の手搬送に特化した三次容器。
蓄熱材を入れても重さは約3kgと軽量で、肩掛けタイプの持ち手にすることで持ち運びの負担を軽減します。

女性研究者にも使いやすいデザイン

一般的な輸送BOXは重量面やデザイン性において、女性研究者から使いづらいという意見がありました。そこで、軽量で普段使いもされるトートバッグタイプを採用。
公共交通機関での輸送にも抵抗がありません。

ラインナップ

建物・施設間など近距離輸送にライトBOX-S6.6

近距離・短時間輸送向け、超軽量三次容器

BOXのみの重量は約0.2Kg!蓄熱材2枚をセットしても、1.2Kgと三次容器の中では最も軽量です。 近隣エリアや施設間移動など、近距離・短時間の輸送に向いています。

ラインナップ

蓄熱材/調温器

精度の高い温度保持力を発揮。
繰り返し使用OK!
潜熱蓄熱材/
蓄冷材

36℃、24℃、5℃の3温度帯をラインナップ

インキュベーターと同条件の36℃帯、CPCや医療現場と同条件の24℃帯、凍結させずに長期保冷が可能な5℃帯の、3種類の温度帯をラインナップ。多様な輸送条件にお応えします。

トレー型の形状でラボ用途にも使用可能

蓄熱材・蓄冷材の側面がトレー型になっているため、安定して積み重ねることが可能です。また、プレートを2枚並列できるサイズで、定温輸送用だけでなく、ラボ内などで保温トレーとしてもご利用いただけます。
※輸送BOXに入れない使用方法では、温度維持時間は短くなります。

蓄熱材の調温がたった3つの
操作でカンタンに!
蓄熱材調温器
ACT3

36℃、24℃、5℃の調温プログラムが内蔵

iP-TEC®潜熱蓄熱材・蓄冷材の3つの温度帯の調温が最適に仕上がるよう、あらかじめプログラムが組み込まれています。
希望温度帯のプログラムを選択するだけで自動調温がスタート。この1台で調温の省力化が図れます。
もちろんマニュアル運転にも対応しています。

一度に最大27枚の調温が可能

別売りの専用ラックを用いることで、上下段各12枚、底部平置き3枚の計27枚、蓄熱・蓄冷材が収納可能です。
調温後すぐの使用はもちろん、調温済みの状態でストックする場合にも、十分な収納力を備えています。

ラインナップ

広範囲の温度帯の調温に対応蓄熱材調温器
-15℃~50℃
タイプ

-15℃~50℃まで温度設定が可能

幅広い範囲で温度設定が可能なため、5℃、15℃、24℃、36℃など、各種温度帯の蓄熱材の調温に適しています。 プログラム運転にも対応し、加熱・冷却・適温キープなど、半自動で効率的に行えます。

コンパクトながらも最大16枚調温可能

専用の蓄熱材8枚用ラックを上下段に一枚ずつセットすることで、最大16枚の蓄熱材・蓄冷材が収納可能です。
ラックを用いることで、蓄熱材同士の間隔が均等になり、温度差なく全体を調温できます。

蓄熱材-36専用の簡易調温セット蓄熱材調温
BOXセット

三次容器とヒーターユニットの組み合わせで蓄熱材の調温が可能に

iP-TEC®プレミアBOX-V19にヒーターユニットを設置することで、36℃帯の蓄熱材を調温できます。
付属の専用ラックを用いることで、最大6枚調温可能です。

ラインナップ

灌流培養

普段使いの開放系容器を
閉鎖系容器に変換!
灌流
アタッチメント

ポート孔付だから装着するだけで灌流培養が可能に

アタッチメントにはポート孔が付いているため、ウェルプレートやディッシュに装着し液体を流すポンプを組み合わせることで、自動灌流培養が可能です。灌流培養のオート化をサポートします。
アタッチメントには、内径2.4mm軟質チューブ用のコネクタが適合します。

ウェルプレート用、ディッシュ用の2種類ラインナップ

6ウェルプレート用アタッチメントには、各ウェルにインとアウトのポート孔を配置。アタッチメント片側側面にポート孔を配列することで、接続しやすい設計です。
60Φディッシュ用アタッチメントは、ベントと閉鎖の2タイプ用意。目的に応じて使い分けが可能です。
※ディッシュ、ウェルプレート、チューブ、コネクタはは付属しておりません。

専用ホルダーで閉鎖環境を構築

開放系容器に灌流アタッチメントを装着した状態で、さらに専用ホルダーに設置することで、安定した閉鎖環境を構築します。ウェルプレート用、ディッシュ用それぞれのホルダーの天板と底板には孔がついており、観察しやすい仕様です。

カルチャーインサートの内側と
外側で培養液を灌流!
閉鎖系培養
コンテナ #RPE12
ポート付き

4つのポート孔で灌流培養

容器にセットしたカルチャーインサートの内外で、独立した流路をつくることができます。キャップを閉めるだけで閉鎖環境をつくりだせます。

培地交換をオート化!
自動灌流培養システム
マイクロ
チューブポンプ
システム

流量は0.1~2000μℓ/minの範囲で調整可能

アイカムス・ラボ社製の駆動ユニットと超小型チューブポンプのカセットを組み合わせることで流量調整を行います。ポンプカセットは、最大6個接続可能。ご希望の流量により、最適なポンプカセット数や駆動ユニットの型番をセレクトします。

インキュベーター内での使用も可能

ポンプカセットはオートクレーブ滅菌対応。コントロールユニットから駆動ユニットへの接続ケーブルはフラット型のため、ベース部分のみインキューベータ―に入れて灌流培養させることも可能です。

最適な自動灌流培養システムをご提案

アイカムス・ラボ社のポンプシステムと、iP-TEC®灌流アタッチメントを組み合わせることで、効率的が灌流培養が実現します。 培地交換作業を省力化したい、作業者ごとによる細胞ロットの差異をなくしたい、自動培養装置の導入したいが課題が多いといった方に、最適なシステムをご提案します。

- お問い合わせ -

お問い合わせフォーム


カタログ請求

株式会社サンプラテック

□iP-TEC®事業チーム …(06)6353-5326 FAX(06)6353-5154
□大阪本社 …(06)6353-5141(代) FAX(06)6353-5975
□東京支店 …(03)5688-5141(代) (03)5688-5145(営) FAX(03)5688-5142
□名古屋支店 …(052)962-0291(代) (052)962-0323(営) FAX(052)962-0293
バナー
SSL グローバルサインのサイトシール
Copyright © 2017 SANPLATEC CO.,LTD. All Rights Reserved.